早漏は防止できる

早漏改善に役立つ早漏防止薬をご紹介します。
初めは、ダポキセチンといお薬のご紹介です。
この薬はシアリスの中に入っている成分のタダラフィルと早漏防止の有効性分が入っています。
勃起不全のバイアグラやレビトラなどと変わらないと思う方もいらっしゃるかと思いますが、全く違います。
もちろん勃起不全の効果もありますが、この薬は早漏防止の成分も含まれいて、早漏改善と勃起不全を1つで治療できる大変便利なお薬です。
ダポキセチンはジェネリック医薬品であり、比較的安く購入できるのもメリットです。
セックスの時に異常に脳が興奮して早漏になってしまうのも1つの原因であり、この薬は興奮した脳を落ち着かせてくれる効果があります。
脳が落ち着くことによって早く射精したいという気持ちを抑えてくれて、早漏を防止できます。
服用方法は簡単で、セックスをする1時間くらい前に1錠服用するだけです。
個人によって変わりますが最大で約36時間もの効果があります。
なので、一晩で何回戦も行う事もできますし、2日連続でセックスする場合などには、非常に経済的となっているお薬です。
気になる副作用は、下痢、鼻づまり、頭痛、顔のほてりなどがあります。
初期症状としてでる場合がありますが、どれも強い副作用ではないので、安心して服用することができます。
最後に塗る事で効果が発揮されるリドカインという軟膏を紹介します。
この軟膏は、キシロカインのジェネリック医薬品となっていてこちらも安く購入することができます。
世界で広く使われている局部麻酔の軟膏になります。
塗り込んだ場所の感覚を麻痺させる効果がありペニスに塗ると感覚がいつもより鈍くなり早漏を防止する事ができます。
副作用は直接塗るものなのでほとんどなく安心して使うことができます。
リドカインの使用上の注意として早漏をなんとかしたいと思うあまりに塗りすぎてしまう方がいますが、遅漏になったり、不快感がある場合がありますので注意が必要です。
また、塗ってセックスをする場合はきちんとコンドームをつけてください。
女性にも影響が出て一時的ではありますが不感症になってしまうので、注意してください。
ここまで早漏防止のお薬を紹介してきましたが、早漏は心理的な面で影響する事もあります。
考えるほどに、症状が悪化したりして自信喪失にもつながりセックスレスになったりしてしまうので、紹介したお薬など使って早期改善を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です