2つの薬

セックスにおいて男性の悩みって結構ありますよね。
ED・勃起不全、ペニスが小さい、早漏、遅漏などが有名な所だとあります。
今回はその中の1つである、早漏に良く効くお薬を紹介していきたいと思います。
早漏の原因は、肉体的な面と精神的な面から症状がでるものです。
肉体的な面でいうと、包茎や射精する筋肉に異常があったりすることがあります。
精神的な面では、疲れが溜まっていたり、ストレスや緊張してしまうことが原因の場合もあります。
またセックスに対して経験がほとんどない人は相手を大事に思うあまり、ちゃんとしなきゃなどの不安も早漏の原因になっています。
自分が早漏だと考えれば考えるほど、早漏改善されませんので注意が必要です。
なので今回は、早漏改善に一役かってくれるお薬をご紹介します。
副作用もほとんどなく使い勝手の良い軟膏薬である、リドカインからご紹介していきます。
リドカインはキシロカインというお薬のジェネリック医薬品であり、世界で使われている有名な局部麻酔薬となっています。
塗り込んだ場所を一時的に感覚を麻痺させ、挿入した後にすぐに射精してしまうのをきちんと防止してくれます。
塗りすぎると、感度が悪くなったりして逆に遅漏の原因にもなりますので、あくまでも適量をペニスに塗り込んでください。
また、コンドームを着用しないで性行為を行った場合には、女性にも影響がで一時的に不感症になったりしますので、きちんとコンドームは着用してください。
次に錠剤タイプのダポキセチンというお薬です。
この薬は、射精したい気持ちを減退させる効果があります。
セックスの時に脳が興奮状態にあると早漏になりやすいので、その興奮を抑えてくれます。
もともとは抗うつ剤として使用されていたが、脳の興奮を鎮めることが早漏改善につながるとわかったため、早漏治療薬として処方されるようになりました。
飲み方も簡単で、1日1回30ミリグラムの錠剤を1錠服用するだけです。
効果があまり感じられない場合は、医師や専門家と相談し2錠の60ミリグラムまで服用する事ができます。
ダポキセチンの副作用もほとんどないので、安全性も高いと思っていただいて構いません。
早漏に悩んでセックスレスぎみになってしまっている方は是非、1度お試しください。
いつもと違う持続力とその効果に驚くと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です